本文へ移動

耐震マグマロック

マグマロック工法

「マグマロック工法」は、耐震性を有しない既設管渠やきせつのマンホール継手部を短時間に耐震構造にする目的で開発された非開削修繕工法です。
スナップロック工法で培われたノウハウに、これまでのステンレススリーブとゴムスリーブが持つフレキシブル効果をさらに高め、スーパースナップロック工法で開発された3分割ステンレススリーブと固定金具方式を組み合わせることにより、既設の中・大口径管渠および既設のマンホール継手部も、現在最も厳しいと言われるレベル2地震動に耐える耐震構造に改善します。

 

マグマロック工法 NGJ、マグマロック工法 mini・NGJ

マンホールと管渠の接続部の耐震化については、マンホールに接続する管渠に一定の深さで円周状の切込み(誘導目地)を設け、地震時にその箇所がひび割れを起こすことでマンホール側と管渠が別々に動くフレキシブル構造となるため、接続部への影響を小さくする。
誘導目地に取り付けたマグマロックおよびミニマグマは、継手部と同様のメカニズムで水密性を維持する。
本工法は、更生工法(自立管、複合管)を施されたマンホールと管渠接続部についても摘要可能である。



TOPへ戻る