本文へ移動

FRP内面補強工法

FRP内面補強工法

取付管および本管一体形の補修を目的とした、FRPによる樹脂工法です。

水密生、耐久性、耐薬品性、耐磨耗性にすぐれるとともに,,さまざまな管種や管路形状に対応できます。

クラック、浸入水,段差などの補修に最適です。

標準?仕様(強度を要するもの)FRP光硬化取付管ライニング工法


《特徴》


,フレキシブルな《ソフトスリーブ》(補強材)の開発により、取付管特有の90°曲がり等の曲管部に対して、「シワ」が極めて少なく、ライニング後の流下能力を妨げません。

,光硬化装置の先端にカメラと温度センサーを付けたことにより、硬化前の管内状況が目で確認でき、温度センサーにより安全な施工が行えます。

,光硬化の場合5mを硬化させるのに約30分と、スピーディに施工できることでローコストで施工が行えます。

,ソフトスリーブはエポキシアクリレート樹脂の使用により、耐久性に優れています。

,施工できるサイズ
 取付管径:100mm〜200mmまで
 ライニング延長:1m〜10m
 ライニング厚さ:補修用(厚さ2.5mm〜3.0mm)
   硬質塩化ビニル管と同等の扁平
   強度(厚さ4.5mm〜6.0mm)

,S工法の開発により
 ●桝部分のライニング材の余長が不用。
 ●本管突き出し端部の処理が不用。(カッター作業を無くした)
  これにより、より経済的な施工が可能となりました。

,桝管口等の仕上げにはクリスタルライニング材等使用により、止水性が確保できます。

TOPへ戻る